teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 気象観測船がレーザー攻撃(9)
  2. 電磁波犯罪の真犯人(3)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:133090/204351 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

一般から考えれば迷惑だし 対立軸を明確にあるいは相殺で焼き払っちゃエテ 猿なら決断できる

 投稿者:  投稿日:2015年 7月27日(月)12時51分3秒
  通報
  1987年に大学を卒業し、東京都内のアパレルメーカーに就職したがすぐに退社。同年8月にオウム真理教徒として出家した。

狙撃の名手か
平田は北星学園新札幌高校時代に射撃部に所属しており、3年生の時にエアライフル競技でインターハイに出場している。
そのため、オウム真理教が関与したと疑われた「警察庁長官狙撃事件」の実行犯ではないかと疑われたこともあった。
しかし、オウム教団がロシアで行った射撃ツアーでも成績は良くなく、人を撃てるようなレベルではなかったという。

逃亡中の平田を匿っていたのは3歳年上のオウム真理教元信者の女性で、14年以上にわたって大阪府内でともに生活していたという。
福島県出身で、1980年代に東京で看護士の資格を取得、のち勤務していた病院を1993年に退職したうえでオウム真理教へ入信、
教団の「治療省」に所属していたものの、1995年の地下鉄サリン事件後に行方がわからなくなっていた、という素性の人物であった。

平田は出頭時に10万円の現金を所持しており、身なりも清潔な様子だったことから、警視庁は平田の逃亡を手助けしていた支援者が存在するものと見ていたが、
平田本人は「余計なことを言うと人に迷惑がかかるので言えない」と言い、支援者の存在をほのめかしていたものの詳しい供述を拒んでいたという[6]。
2012年1月10日の未明、平田をかくまって逃亡に協力していたという元女性信者が滝本弁護士に付き添われて警視庁大崎警察署に出頭し、警視庁はこの女を
犯人蔵匿の容疑で逮捕した。

平田に係わる刑事事件
公証人役場事務長逮捕監禁致死事件
島田裕巳宅爆弾事件
オウム真理教東京総本部火炎瓶事件
 
 
》記事一覧表示

新着順:133090/204351 《前のページ | 次のページ》
/204351