teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 高級品ウィメンズ(0)
  2. ブランド本物模造品(0)
  3. 激安コピー商品大特集(0)
  4. 気象観測船がレーザー攻撃(9)
  5. 巨人倍増(1)
  6. 革マル派民進党がレーザー攻撃(4)
  7. 電磁波犯罪の真犯人(3)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:152382/170834 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

史上最大の日本号:精進川物語

 投稿者:政所 精進川物語  投稿日:2012年 3月 8日(木)22時10分35秒
  通報
  号外号、拡張から真っ向勝負!
?投稿者:サムライ ?投稿日:2009年11月22日(日)11時48分58秒

? オペレーターは強い者の地位に立ち、ターゲットに自分達の「暗黒面」を見せつけ
る。彼等はターゲットを拷問、虐待、脅迫、威圧し、服従、誘惑させ、洗脳等々を行
なう。さらにターゲットが、コントロールが付かなくなると、兵器として不可視照射
(所謂ノンリーサル・ウェポン使用)を行なって虐待し、消してしまう。
(3)大抵のマインド・マシン・オペレーターは自分達を一般人の上に立つ主人、或
いは一級市民と看做している。特に中央マシン・ステーションに座っている時、また、
どこ
においてもマシンを使用している際、そのように感じているようだ。
 人々はオペレーターの操縦でいいように弄ばれ、オペレーターはこれらの人々を自
分達の「児童(キッズ)」だと看做している。これらの「児童」は良い子で、彼等を
怒らせず、彼等の利益の脅かさない限り、平和に生活することが許される。
 オペレーターは人々の思考を読み、いかなる人の内部の秘密も知ることができ、不
可視照射波を用いて、人々に知られずに傷つけることが出来る。一般の人は全く彼等
のコントロール下に置かれており、その状況に無知である。公共に知られていないの
であるから、彼等の行動を規制する法規もないし、彼等を捜査することを許可する法
もなく、そのため彼等は自由にやりたい放題である。このようなオペレーター達が、
自分達は「法を越えた存在」であり、「不可触(アンタッチャブル)」とうぬぼれる
ようになるには時間は要らない。
 もはや自分達は、公僕であるとは思っていないだろう。マシン・オペレーター達は
自身を一級市民ないしは人民の御主人様だと考えている。
 「権力は腐敗する」との昔の格言のように、オペレーター達の多くは法に認められ
ていない権力をあまりに長く楽しみ過ぎた。自分達は何でもできるし、そして、彼等
の道具は証拠を残さない不可視ウェーブであるため、絶対に刑事責任を問われること
はないと信じている。犯罪として起訴される証拠がないのであるから、逮捕される心
配もなく、誰でも傷つけ「消す」ことができる。
(4)マインド・マシン・オペレーターの哲学は、ある意味ではヨーロッパ経済市場
の「国家間には国境はない」という哲学に大変似ている。しかし、マインド・マシン・
グループの哲学はエコノミーではなく、安全対策の方に適応される。
 マインド・マシン・オぺレーターは大変に特殊なグループであり(政府の手が届か
ない)、特に彼等が任務を執行している時は、彼等には属す国家はないと言うことが
できる。何かがマインド・マシン・システムの利益に関わって来たことにより、その
任務を実行する際、彼等はいかなる国家の法律も憲法も意に介さないからである。
 もし、ある人がマインド・マシンの機密を漏洩する恐れがあるとすると、このグル
ープ(システム)のオペレーターはいかなる国家にも助力し、この人が誰であっても
殺害する。
 台湾のマインド・マシン・グループの手によってハラスされていた、ある台湾人の
女性の被害者は米国に移住をしたが、そこでも同じ状況に会った。(子細後記)
 この状況を見れば、他国のマインド・マシン・オペレーターも市民権のある米国市
民を共同調査したり、また、お互いに情報ファイルの交換を行なっていることが判明
する。
(5)EMRマインド・マシン・オペレーターの悪魔の信念とは、「鞭のあるところ
に道がある」である。国家の憲法の手が届かないということが、マインド・マシン・
システムの安全保障であると、このグループは考えている。
 彼等は自分達グループの特殊な作戦を追行するためにはどのようなこともする。彼
等の行動を見れば、彼等が信じているのは力のみであり、兵器として不可視照射波を
使用し、ターゲットを力ずくで自分達の意志に従わせようとしていることが手に取る
ように判る。
 この照射波は不可視で無音(被害者に苦痛を与え、悲鳴をあげさせることを除けば)
で、外傷を残さず、また、物理的な接触もしなくてよいし、つまり、犯罪の手掛かり
となる証拠がない。彼等は法によって、決して裁かれないということである。
 彼等は自分達の犯罪に対し、いかなる責任も負わないので、彼等の悪魔の信念は、
鞭のあるところに道がある(暴力だけが手段である)、となるのである。
 彼等は人を痛めつけ、自分達の命令に従わせるために、その手段として常時、拷問、
服従、脅迫、脅しの手紙、洗脳等々を行なう。
(6)マインド・マシン・オペレーターはスターリン主義の実行者である。
 彼等は不可視電磁気照射兵器を用いて、人の心を読むばかりでなく、肉体をも傷つ
けるのである。それを行なうに当たり、彼等は健康状態をどのくらい悪くさせようと
か、どんな健康状態で生かしておこうかなどを決める。
 彼等の行ないは一種のロシアのスターリン主義であるが、それよりももっと悪い。
政治的なものであるスターリン主義は物資の再分配を決定しただけであるが、マイン
ド・マシン・オペレーターは他の人々の生命を左右し、健康状態をも采配するのであ
る。彼等にはリモート・コントロール能力がある上、国中を覆うネットワーク・サー
ベイランス・システムがあり、人々が家にいても車の中にいても、どこにいても照射
兵器(ノン・リーサル・ウェポン)で身体を痛めつけることができるということが、
それを可能にしている。
 私の意見が正しいことを証明する証拠を見せます。「マイクロウェーブ・ハラスメ
ント&マインド・コントロール実験」のレポートにはそのような例が(前述のように)
8件載っている。
 「ある人は(自分の子供達に集中して行なわれているハラスメントのため、強度の
ストレスになり、これ以上苦しませたくないと思い、子供の一人を殺害してしまった
?

号外号、拡張から真っ向勝負!
?投稿者:サムライ ?投稿日:2009年11月22日(日)11時47分56秒

?  他の個人は地方の電力会社の従業員から電話で、〃子供の命が惜しかったら、うち
の会社の高圧送電線の架設に反対するのは止めろ〃と言われた。この脅迫の後で、こ
の人の11才の娘は、何の病気か診断がつかない重症の疾病にかかり、現在は3才の
息子が外耳に音声のインプットがするようになったという(このケースにはエネルギ
ー省が絡んでいる)。」

 もし、本当に右記のケースにエネルギー省が関わっているとすれば、どのような事
実が浮上してくるのだろうか。政府の幾つかの省は確かにEMRマインド・マシン、
少なくとも不可視電磁波兵器を使用しているということである。このケースでは被害
者家族はオペレーターから脳に直接メッセージ伝達はされていない。何故かという質
問が出ると思うが、私の考えだと、これらの家族は本来はマインド・マシン・オペレ
ーターの拷問対象になるはずではなかったということである。しかし、一旦これらの
家族のメンバーがマインド・マシン・グループの利益を損なうような行動をとったり、
対立の立場になったりするとマインド・マシン・オペレーターは不可視のマイクロウ
ェーブ兵器を駆使し、被害者の子供達を痛めつけ、挙げ句に堂々と脅迫するのである
(被害者に脅迫電話をした)。
 右記の情報は、EMRマインド・マシン・サーベイランス・システムの下で暮らし
ていれば、安全な場所はないということの証明である。右記のようなどこにでもある
ような家庭の子供達でさえも、家庭にいても病院にいても、遠隔操作不可視照射兵器
(エネルギー直射兵器)の魔の手から逃れようがないのである。
 これらの両親は子供達を守るために何の手だても講じる事ができず、一人の人は自
分の子供をこれ以上苦しめたくないと殺してしまった。この状況が示すことは、EM
Rマインド・マシン・サーベイランス・システムがすでに設立され、国中にネットワ
ークされているということである。また、EMR波兵器は遠隔操作が可能で、エミッ
ターが照射を集中させ、相手が誰であっても、また、どこにいても痛めつけることが
できる。
 この事実から言えることは、マインド・マシン・オペレーターは極道の悪魔だとい
うことだ。
 マインド・マシン・グループが私達の社会に投げかける真の問題とは何であろうか?
 マシンの使用作戦上の基本的理念と、このマシンの使用によって起きる問題を挙げ
てみた。
1、マインド・リーディング・マシン使用による調査対象にされると、その個人のプ
ライバシーはもはや存在しなくなる。
 このマシンは電磁気照射波を使用するため、調査対象になる人は全く気付かない内
に調べられてしまう(電磁波は不可視で、壁やブロック、大抵の金属等、ほとんど何
でも通過する)。対象者から収集した脳波はCPUに送られ、CPUはこの脳波を人
間の思考を現わす言語や映像に翻訳する。
 これらの言語や映像はモニターにディスプレイされ、そして調査者が分析を行なう。
調査をされる対象者には電磁波が見えないので、自分のプライバシーが侵害されてい
る(他人から自分の思考を読まれている)などとは夢にも思っていない。このマシン
は昼も夜も使用でき、しばしばノンストップで使われるため、被害者の思考は終始モ
ニターされるのである。そのため被害者の夢、アイデア、胸の中の秘密、その他個人
的な感覚も思いもあらゆる事が調査者の前に開けっぴろげになる。調査者は、その人
の職場や生活の場の近くでマシンを使いさえすれば、その人の心の秘密を皆盗むこと
ができ、その人のプライバシーは取り上げられてしまうのである。
 思考リーディングのプロセスは次のようである。まず2機のマシンを違った角度の
位置にセットする。そして、ターゲットの脳に交差するように、両方のマシンから強
度の照射を放射する。さらに一方のマシンが照射し、反対の場所のマシンがその照射
を傍受するようにし、情報を受け取り処理する。検出したターゲットの脳波はCPU
に転送され、言語や映像といった思考に翻訳され、最終的にオペレーターが読んだり
理解したりできる形としてモニターに表示される。
 思考検出に最適な方法は、ターゲットを眠らせ夢を見せることである。調査者はタ
ーゲットの頭に何かを浮かばせるのに、ほんのちょっとコントロールするだけで済み、
さらに調査者がこれは大事だと思うことをターゲットの夢に見せて簡単に影響を与え
る事ができるからである。そのため、大抵調査は夜間に行なわれる。しかし、忘れて
はいけないことば、ターゲットがちゃんと起きている時も思考検出はできるというこ
とである。
 調査者がある特別な情報を欲しがっている時、彼等は単に思考を読むだけのことは
しない。彼等はターゲットの頭が自分達が望んでいる情報を思い出すように、直接働
きかける。EMRマインド・マシンは脳波パターンを翻訳するばかりでなく、脳波パ
ターンを使って脳に情報を送り込むこともできる。例えば、彼等が関心を抱いている
ある事柄の映像をターゲットの脳に送り込む。そうするとこの映像が引き金となって、
ターゲットはその情報について考え始める。そして調査者は「待ってました」となる。
また、このやり方で、調査者はターゲットの人格や経歴を知る。
 例えば、彼等は女性や男性のヌード写真を夢の中にファックスする。その上でオペ
レーターはターゲットの反応を調べ、この人の性的な嗜好等を判断する。(最近は変
なイメージを日中のみならず、人との対話中や、夜間の夢の中に送ってくることもあ
ります! 旧KGB要員であることがますますはっきりします! 千乃)
(サンディエゴ病院での研究について先に述べているが、この病院のリサーチ・チー
ムは80%の精度で被験者の映像テストを行なった。)
2、このマシンが発生する照射に晒すと、人の身体を弱らせるだけでなく、殺害する
こともできる。
 このマシンを高周波数の出力にすると、殺人ができる。このマシンの高周波数のビ
ームの照準を頭部や身体部にする。頭部をターゲットにすると、中央神経頚系統がダ
メージを受ける。身体がターゲットであると、内臓等の器官が損傷を受け、心臓をタ
ーゲットにすると心臓病を起こす事ができる。そのため、このマシンは誰でも自然死
のような死因で殺す事が可能である。
 高周波数の出力でない場合でも、照射波に長期間晒されると病気になり、ゆっくり
と死に至る。この行動変更リサーチに身を投じている神経学者は、マイクロウェーブ
兵器(不可視照射波)使用者に、「このようにターゲットの神経システムに効果的に
ダメージが起せるのですよ」と太鼓判を押す事ができるのである。
 さて、人々が自分達はこのような目に合わされていると訴えた際、政府役人達がど
んな反応をするかということに話を戻そう。
 FBIの公報係は、「ラジオ波急襲盲目攻撃(zapping ザッピング)」をされてい
るので助けて欲しいと訴える、非常に多くの人々からの陳情が来ていると公表してい
る。(「マイクロウェーブ・ハラスメント&マインド・コントロール実験」P10、
92年)
 残念ながら右記のレポートによると、これら被害者は単に精神上問題のある人と扱
われ、彼等のケースは却下されている。
 ここで、本当に電磁気照射のザッピングはあるのか調べてみたいと思う。
 もし、これらの被害者は偶然に起きた電気的な放電に打たれただけだと信じる人が
いたら、これは起こり得ないということを説明したい。
 皆さんは「雷は同じ所には二度落ちない」という古い言い伝えを聞いたことがある
と思う。この古人の観察は正鵠をうがっている。落雷が同じ地点に二度あるというの
は、確率からいうと非常に低い。雷が同地点に落ちる確率は天文学的な低さである
(ほとんど0)。
 その理由は、雷は必ずその地帯で最も高いものに落ちるが、その最も高いものが一
度雷に撃たれて倒れると、それはもう一番高いものではなくなる。そのため雷は同じ
地点に二度落ちないということである(最も高いものでも、一度落雷を受けたら二度
目はないと言ってもよい)。
 この理論は「ラジオ波でザッピングされた」という報告のケースにも当てはめるこ
とができる。もし、この種類のザッピングが自然現象で起きるとすると、(雷のよう
に)同じ地点(或いは同じ人)に二度も当ることは有り得ない。もし、これがくり返
し何度も同じ場所(同じ人)に起きているとすれば、すなわち人間が意図的に兵器を
使用している、或いは害を起こす目的で人間のコントロール下で兵器が用いられてい
ると考えるべきである。 ?

http://www.city.fukuoka.lg.jp/chuoku/kikaku/charm-kankou/ch-jouhouhassin/meisonihongo.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:152382/170834 《前のページ | 次のページ》
/170834