teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はるさんへ

 投稿者:wider  投稿日:2006年 6月16日(金)00時09分6秒
  はるさんは、優しいですね。それに、短い文で必要なことは全部書いてあるし、よくわかっているなぁと思いました。私は、はるさんのいうことは、一つ一つ「正しいこといってるよなぁ」と思いながら読みましたよ。
私からの提案です。
はるさんは、中学3年生ということですが、はるさんの通っている中学校に、スクールカウンセラーの先生が
週に一回ぐらい来ていませんか。私は、その先生に弟さんのことを相談するのがいいのではないかと思います。
そして「スクールカウンセラーの先生はこう言ってたよ!」と親御さんに話したらどうでしょうか。
専門家の言うことなら、親も少しは聞くかもしれないし、弟さんにお姉さんとして何ができるかもわかるかも。
それから、弟さんの忘れ物のひどさや勉強のできなさがあまりにひどいようなら、
親御さんが専門家に相談することも大事かもしれません。どうしてあげるのが一番いいのか、という謎が
とけるかもしれません。
この掲示板に書き込む、ということを考えるはるさんですから、だれか専門の人に相談する大切さは分かっていると思います。
スクールカウンセラーの先生に、親御さんをどうやって説得すればいいか、ということも相談してはどうでしょうか。
あなたのやさしい思いが、弟さんにも、親御さんにも、ちゃんと伝わりますように願っています。
 
 

はるさんへ

 投稿者:dema  投稿日:2006年 6月13日(火)22時27分27秒
  はるさん こんにちは
弟さん、それに親御さんのことでお困りということですね。
悩み事相談の掲示板ではないのですが、どうせさびれているし、たまにはこういうのもいいですね(笑)
さて、はるさんの書き込みですが、いうことをきかない弟さん、それに怒って厳しく接しようとする親御さんとの間で、はるさんは「困って」いるということですね。
厳しくして、あれはだめ、これはだめと禁止すればするほどかげに隠れてやってしまう、これを知ったらなお怒って厳しくしようとする・・・これでは悪循環ですね。
弟さんは勉強がんばったり忘れ物とかを直すように努力して、親御さんの方はあまり厳しく怒らないように心がける、ということが双方できたらうまくいくのですが、なかなかそううまくはいかないものです。ぼくは大人で親ですから、親御さんの方の気持ちもけっこうわかる気がしてしまいます。ガンガン言っても効果ないのはわかっていても言わずにいられないんじゃないかなって気がします。
この状況、中三のはるさんが間に入ってうまく解決するっていうのはちょっと荷が重いでしょうね。
はるさんが口を出すと、親御さんも怒ったりうるさがったりするかもしれません。おそらく今できる一番いいことは、「もっとこうしなよ!」「~しないとだめだよ」とアドバイスすることよりも、「たいへんだねえ」とか、「落ち込まないで」とか、機会を見てさりげなく声をかけてあげることではないでしょうか。親御さんにも弟さんにも。親御さんも、子どもを怒ってばっかりいるのって、けっこうつらいんですよ。たいへんだねって言ってもらうと、けっこううれしいかも。
こんなことぐらいしか思いつきませんね。失礼。
 

困っています!

 投稿者:はる  投稿日:2006年 6月12日(月)17時45分25秒
  弟の話なのですが…忘れ物がひどく、勉強もできないので、
親が遊んじゃだめ、ゲームだめ、とほとんど弟にすることがなくて、
隠れて遊ぶようになりました。
すると親はさらに怒り、今弟はどろだらけのまま玄関にいます。
たしかに弟は毎朝言っても言うことを聞かないのですが、
制限すればいいってもんじゃない気がします。
私もパソコンを制限されますが、結果隠れてやってしまいます。
それは私が悪いのですが、どうしたら弟は忘れ物を直し、隠し事せず
堂々と友達と遊べるようになるのでしょうか?
小学4年なので、とても遊びたい時期だと思います。
ちなみには私は中3で、勉強教えてやりたいのですが、受験で
忙しく、親も私が口を出すと怒ります。
もっといい方法で弟を自律させてやりたいのですが…。
 

公開研究会のお知らせ

 投稿者:dema  投稿日:2006年 2月 1日(水)19時51分22秒
  ぎりぎりになってしまっているのですが、千葉大教育学部教育実践センターの、公開研究会があるそうです。

平成18年2月4日(土)12:50~16:00
千葉大学教育学部付属教育実践センター 学習方法開発演習室

テーマ「学校教育と虐待」
講師 子どもの虹情報研修センター 大川浩明 氏
   文教大学人間科学部 秋山邦久 氏

 参加は自由、参加費は無料だそうです。
 

どう困ってるの?

 投稿者:dema  投稿日:2006年 1月30日(月)23時49分20秒
  寿さんこんにちは
はじめまして。

担任の先生のことで困ってるんですか?
助けられるかどうかわからないけど、
よかったら、できる範囲で少しくわしく教えてくださいな。
 

たすけて

 投稿者:寿メール  投稿日:2006年 1月30日(月)16時47分36秒
  どうしたらいいか教えてください。  

こまっています

 投稿者:寿メール  投稿日:2006年 1月30日(月)16時46分34秒
  今、担任の先生が、性格がひどくてこまっています。  

どうせだから書き込みします

 投稿者:dema  投稿日:2006年 1月26日(木)22時37分27秒
  この掲示板を設置してから4ヶ月、記事10件
ただのレンタルだからいいけど、どうせあるのだから何か書き込みしようと思いました。

先日、珍しく「教育相談担当」らしい仕事をしました。
4年生のある先生から「ひとりの男の子が授業中しゃべり続けで落ち着きがなく困った」という相談を受けました。ADHDじゃないかということでしたが、話を聞いた限りは私もそう思いました。何かアドバイスができたらいいなと思ったのですが、なんにも思いつかないので、「じゃあ、空き時間に一度様子を見せてください」ということになり、昨日の4時間目に見に行きました。
教室にはいると、子どもたちの異様な視線、「なんだこの人」という感じ、だから、「すいません、ちょっといっしょに国語のお勉強させてください」と言いましたが、やっぱり違和感はしょうがないです。
ターゲットのA君は、予想に反して、けっこう落ち着いてやっていて、気を散らすことはあっても先生の言うほどではありませんでした。このお客さんをちらちら見てだいぶ意識していたよう。
収穫なし・・・「ごめんなさい、わからないよ」
と思ったけど、待てよ、
お客さんが来て普段より落ち着いて授業を受けられたということは、自分で無理のない目標を持てば、それなりにコントロールすることも可能だとも考えられると思いました。そこで
「15分くらいの単位で目標とご褒美を決めて取り組んでみたらどうでしょうか」と提案しました。
ここまでが私の知識の精一杯。果たしてうまくいくかどうか・・
教育相談担当としてやっていくには発達障害について相当勉強しないとニーズに対応できないなと、ちょっと焦りました。
 

久々のアップです

 投稿者:出山メール  投稿日:2005年10月24日(月)23時45分52秒
  ようやくアップしました。
この間の肥田先生のレポート、誰かに頼もうかと思ったのですが、頼みはぐってしまって、
自分で書きました。まあ、書くのは嫌いじゃないんですが。
でも、あの人数(13人?)で、あの内容の濃い講義、なにかもったいない気がしたのは僕だけでしょうか。(でも、会場はめいっぱいでしたね)次は、少しまわりの人に声をかけてみようかなあと思ってます。
特に、今回、僕のような小学校の人間にはよかったです。きっと高校の先生は、ちょっと違った感じを持ったのではないかなあと思いました。
話は変わりますが、夏合宿の写真をなくしてしまったので、鈴木由美先生の写真をお持ちの方、ファイルを送っていただけないでしょうか。
 

ついでに私も自己紹介

 投稿者:出山メール  投稿日:2005年 9月21日(水)23時23分13秒
  和井田さんは「心理だけでは子どもは救えない」と、学校そのものに目を向けたというわけですね。一山超えているから次が見えたとも言えるのかもしれませんね。「はあ、そうなんだ」と、読みながらふと自分のことを考え込みました。僕は、ある意味で和井田さんの逆かもしれません。我孫子での7年間は、ひたすら体験学習、「学校とはこういうもの」という枠を全部取っ払ったような教育やってました。それまでやってきた「プログラム通りに子どもを動かす」教育はうそだったなあと実感してました。でも、池田小の事件以来逆戻り、学校は閉じていくばかり。それで結局自分ができること-教育相談、子ども個人に目が向きました。逃避かな?とも思ったけど、最近、意外に(?)教育相談って何かできるかもって思うようになりました。逆に言うと、前はどうせたいしたことできないよって思いながらやってたって事ですね(笑)  

レンタル掲示板
/3